ノア 約束の舟とは何か

パラマウント映画が作り上げる、映画の形

旧約聖書に記された作品を参考に創られた映画作品

強姦と解雇という、あまりに生々しく、そしてリアルすぎるテーマを取り上げている作品を紹介してきたが、さすがにこれだと次もこんな感じなのではと思う人もいるだろう。さすがに筆者としても少しばかり現実とは違った内容を取り上げている作品を紹介したいと思うもので、次に紹介する作品もまたある種誰もが知っているものだ。ただこちらも捉え方によっては様々な方面からお叱りを受けることが目に見えている。実際、公開された後には各方面から肯定的な意見も見られれば、否定的な意見も散見された。

何の作品かというと、昨年2014年に公開された『ノア 約束の舟』というものだ。見たという人もいるだろうが、そもそもこの話はおそらく一般常識ともいえるくらい知名度を得ているだろう。そう、この映画は旧約聖書の創世記を記した叙事詩の1つとして語られている『大洪水』の中で、神からの啓示を元に洪水を免れるために方舟を建造したノアの物語だ。そんな有名な話をモデルとして作られているわけだが、当然聖書に関する内容となっているため、キリスト教を始めとした宗教方面からも意見が上がってきている。そういう点については後ほどにするとして、まずは作品の概要なども含めて話をしていこう。

ノアの方舟とは

ノアの方舟といえば有名な叙事詩だが、いざ考えてみると概要だけしか知らないという人も多いだろう。敬虔なクリスチャンにとっては知っていなければならない知識だが、日本人の宗教に対する柔軟すぎる思考も相まって、物語の概要こそ知っているが詳しく内容を把握していない、なんてことも珍しくないはずだ。そういうわけで、まずは旧約聖書の創世記において記述されている『ノアの方舟』について紹介していこう。

方舟と大洪水

楽園を追放されたアダムとイヴ、その後2人はカイン、アベル、セトという3人の子供が産まれ、人間達の歴史が築かれていく。荒廃した大地で人は神に対して信仰を持ちながらもあまりに身勝手な生き物へと成長していき、神が作り出した大地を混迷へと誘っていった。神は嘆いた、そして同時に人間と言う存在を作り出したことを後悔するようになる。そうした中で神は1つの結論へと辿り着く、それは勝手すぎる人間を地上から排除しようというものだった。そこで神が考えたのは大洪水を引き起こしての、大地の浄化だった。しかし人間達を一掃するにしても、動物たちまで巻き添えにするわけにはいかなかった。そこで神はある一人の人間に動物、そして地上のすべてを託すことにした。

その名をノア、彼に関しては人間達の中でも救う価値のある人間だと見定められ、後に訪れる大洪水、そして大洪水を免れるための手段として方舟を作ることを告げ、そこに動物たちと共に新しい楽園を目指せと啓示を頂く。ノアは早速自身の妻、そして彼の3人の息子とその妻、そして方舟に乗せることが出来る清い動物と鳥、その雌雄を7つがい、またそうでない動物を2つがい、必要な食べ物すべてと苗木だけを方舟に乗せて人間のいない世界を作り出すという神の大洪水に備えるのだった。その後神の予言したとおり、地上には150日もの間続く大洪水が巻き起こり、方舟に乗ったノアたち家族、動物達を除いたあらゆる生物が死に絶えるのだった。

洪水が発生した月の17日目、方舟はアララト山の上に流れ着き、10ヶ月の初日には山の頂が見えてくる。それから更に時間が経過すると、ノアが601歳になった年の最初の月、最初の日に地表が乾き始めると、次の21日目には大地は乾き、神はノアに方舟から離れるように指示を出す。その後生き残った動物達は神への供物として捧げられ、神は今後大洪水によって地上のすべてを破壊しないと約束し、その後自然の摂理を支えることを自身に約束するのだった。

神とノアとの間で契約が交わされ、この時よりすべての動物に対する優越を与えられ、この時より命を宿していない肉を食べることも初めて許されるようになった。生き残った人類として新たに地上を繁殖して行く中で、新しい秩序の中では人は誰かが血を流したら、自身も血を流さなければならないとした。その後神は雲に虹をかけて、永久不滅の契約の印とすると共に、後の世代へのよすがとするのだった。

物語として

見てもらえれば分かるとおり、映画を作る上では題材として申し分ないモノとなっている。このノアの方舟を題材にした同映画はどのような内容になっているのか、そこのところを紹介していこう。

パラマウント作品が好きな方へ

なるべく自分でやりたい方、反対に手間をかけずに取引したい方、こだわる点も人それぞれ。 浦和 新築不動産を街から探すさいたま市浦和区の不動産のことならエステート白馬さいたま南店へお気軽にご相談ください。